やっぱりおいしい!ヨーグルトの健康効果

どんな効果があるのかしら?

ヨーグルトは昔から健康にいい食べ物として認識されていて、子供からお年寄りまで好んで食べる人が多いですよね。最近ではいろいろな機能を持ったヨーグルトや、フルーツフレーバーのヨーグルトがたくさん出ていますので、デザート感覚で美味しく楽しめます。そんな万人に人気のヨーグルト、具体的にはどんな健康効果があるのでしょうか?

ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌で発酵させたもの。栄養的にはタンパク質、ビタミンA、ビタミンB2、カルシウム、マンガンなどを含んでいます。乳酸菌の働きでタンパク質・脂肪が分解され、消化吸収されやすくなっているのも大きな特徴です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌のひとつであるビフィズス菌を増やし、整腸作用、大腸がんの予防に役立ちます。腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見菌があり、日和見菌は善玉・悪玉の勢力の強い方に加勢する性質を持っているので、ヨーグルトを食べて善玉菌を増やすことは健康維持のためにとても効果的なのです。

この他にも、ヨーグルトを食べることによって血中コレステロールの低下、降圧作用、骨粗鬆症の予防などの効果も期待できます。整腸作用により便秘や下痢が改善されると、肌荒れやニキビなどの肌トラブルの解消にもつながりますよね。


ヨーグルト+オリゴ糖が、便秘におすすめ

オリゴ糖は、ビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌を増やす効果があります。なのでヨーグルトとオリゴ糖を一緒に食べると腸内環境を整える効果もパワーアップ。

標準的な摂取量は1日に小さじ2杯程度ですが、人によってはお腹が緩くなってしまうこともあるので、少しずつ試しながら自分の適量を見極めるとよいでしょう。


種類によって違う、ヨーグルトのさまざまな効果

ヨーグルトは腸内細菌の善玉菌を増やし、免疫力をアップさせたり、内臓脂肪を減らしたり、便秘解消や美肌の効果も期待できる、いいことだらけの優れた食品。

ひと口にヨーグルトといっても、含まれる菌によってその種類はさまざま。その効果も微妙に違ってきます。

ピロリ菌を減らすなら、LG21
LG21は、胃潰瘍や胃がんを発生させる原因となる「ピロリ菌」を減らす効果が高い乳酸菌です。ピロリ菌を減らすために抗生剤を使用すると、抗生剤がピロリ菌以外の菌も殺してしまうため下痢の症状になりやすいのですが、LG21はピロリ菌だけを殺すことができ、下痢の症状を避けられるようです。
ダイエットしたいなら、ガセリ菌SP株
ガセリ菌SP株には内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果があります。生きたまま腸に届く乳酸菌で、腸に長く留まってくれる乳酸菌です。
花粉症がひどいなら、BB536
こちらも、胃酸で溶けにくく腸までしっかり届く乳酸菌。整腸作用が特に優れており、感染症やアレルギーにも効果があるとのことです。さらに、花粉症を緩和する効果も高いことが実証されています。
美肌効果をねらうなら、LB81
ブルガリア菌とサーモフィラス菌を混ぜて発酵させた乳酸菌。整腸作用・便秘改善に加えて、皮膚機能の改善効果が高く、美肌効果に優れた乳酸菌です。
インフルエンザ予防なら、R-1
R-1乳酸菌は、ウイルス細胞と戦う体内のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる働きがあります。それにより免疫力の向上が期待でき、インフルエンザなどの感染症への予防効果があるといわれています。

店頭に並んださまざまなヨーグルト、どれを選んだらいいのか迷ってしまったら、パッケージに記載されている乳酸菌の種類をみて自分の症状に合ったものを選ぶとよいですね。また、サプリだと手軽ですね。乳酸菌サプリで、どれがいいか迷ったら、こちらのサイトが参考になります。


ヨーグルトの効果について学ぶ

善玉菌の特徴とは?

善玉菌の特徴とは?


ヨーグルトの美容&健康効果を最大限に生かす!

ヨーグルトの美容&健康効果を最大限に生かす!